「当日現金払い」に対応開始致しました。

全国の江戸文字

5.0

(1件の評価クチコミ)

全ての人気エリア・ランキング

江戸文字とは

江戸文字とは、江戸時代に盛んに使用された図案文字の総称であり、それぞれの書体は別々の名称を持っている日本伝統・書体です。
寄席や歌舞伎の看板やチラシなどに使われる太文字の書体は、今でも職人によって脈々と受け継がれる伝統技術です。
芝居文字(しばいもじ)、寄席文字(よせもじ)、籠文字(かごもじ)、髭文字(ひげもじ)、相撲字(すもうじ)、提灯文字(ちょうちんもじ)、角字(かくじ)などの種類があります。

江戸文字の体験ではどんなことをやるの?

ガイドから「江戸文字」に関連する基礎知識(歴史、制作手順)を教えて頂きます。
まずは練習として、用紙に選んだ漢字を一文字描き、決められた枠の中でのバランスを考えながら、出来る限り大きく書いてみます。もうこれ以上は太くできないと思うところまで挑戦してください。
上手くできるようになれば、提灯や白扇に軽く鉛筆で下書きをした後、筆を使い、自分流の江戸文字を仕上げていきます。
初めての方でもガイドがアドバイスを丁寧に教えてくれるのでご安心ください。
エプロンを用意されている場合が多いですが、汚れるのがご心配な方は汚れてもいい服装でご参加されることをおすすめ致します。
次の週末の日付で絞り込む

江戸文字体験の体験一覧(一覧形式)

    最近チェックしたプラン