「当日現金払い」に対応開始致しました。

全国の鋳金

全ての人気エリア・ランキング

鋳金とは

鋳金とは、金属を高熱で溶解し、あらかじめ用意した“鋳型”に流し込み、目的となる金属製品を作る伝統金属工芸・体験です。
主にエンジンなど工業機械などの加工と、もう1種は銅像や梵鐘、花器、置物、ジュエリーなどの美術品や工芸品として製造されます。
弥生時代の銅鐸にも使われていて、茶の湯釜、仏具や仏像、置物、花瓶、鐘など多種多様な器物が作られます。

<おすすめ・人気ポイント>
・本物を持つ喜びを日常に!
・弥生時代から続く伝統金属工芸!
・自分でオリジナルが作れる!
・初心者でも安心!

鋳金の体験ではどんなことをやるの?

制作できる種類も箸置き、ぐいのみなどの種類も多様なため、作りたいものを定めましょう。
ガイドから「鋳金」に関連する基礎知識(材料、技法、制作手順)を教えて頂きます。
砂を押し固め”鋳型”を作ります(砂を盛り、固めるだけですが難度は高い作業)。
その鋳型に溶かした約300度の純錫を流し込み品物を成型します。
金属が固まったらヤスリや竹の割り箸で擦り、仕上げて完成です!
出来上がった品物は当日にお持ち帰りいただけます。
当日の服装は、少し汚れてもいい服装でご参加下さい。
次の週末の日付で絞り込む

鋳金体験の体験一覧(一覧形式)

    最近チェックしたプラン